2009年10月29日

エルミタージュ その4

さてさて、エカテリーナ2世はその後も美術品を大量に収集し続け、
1787年には、新たに「旧エルミタージュ」と呼ばれる建物が、
小エルミタージュ東側のネヴァ川に沿って増築されます。

1786年には「エルミタージュ劇場」が、宮殿専用の劇場として、「旧エルミタージュ」の東側、サンクトペテルブルク建設当初からある冬運河を挟んで建てられています。

これは宮殿専用の劇場で、エカテリーナ2世自らが制作・脚本した演劇が上演されていたと言われています。本当にやりたい放題だったのですね。

エカテリーナ2世は、その後も多くの美術品収集を続けたので、小・旧二つのエルミタージュでは手狭となってしまいました。1852年に旧エルミタージュ南隣の宮殿広場に面して「新エルミタージュ」が建設されます。

この「新エルミタージュ」は驚くなかれ、それまでの建物とは異なり、公共美術館として完成させたのです。

それでも、入館するためには制限があり、許可証が必要であったようです。
posted by エル ミタージュ at 16:07| エルミタージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。